日常系はディストピア ~『少女終末旅行』感想~

アニメ『少女終末旅行』を観ました。今季これしか観てないってのはどうかと思いますが……。くらげバンチに連載されているのを見つけて以来ずっと追っている作品だったので、アニメ化は嬉しかったですね。

終末世界を旅するふたりの女の子を描く本作。既存ジャンルである日常系のようでそれとは異なっている新たな描かれ方から、『結城優奈は勇者である』を発端として定義づけられた新ジャンル・新日常系とも定義されています。

私はそんな本作を観ていて、実のところ私たちが今まで観てきたこれまでの日常系に描かれていたのはディストピアなのではないか、そのように感じるところがありました。その思考に至るまでの過程と、本作で描かれているものを検証します。

別にアニメ版とマンガ版の違いを語るものではないので、あらかじめご了承ください。ネタバレはあるにはありますが、ストーリーを追いたいのなら別のサイトを巡るほうがよいでしょう。

 

“日常系はディストピア ~『少女終末旅行』感想~” の続きを読む

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』に求めること

2018年冬クールに放送される、京都アニメーションの新作アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。私は原作も読んだのですが、制作者のコメントやPVを観る限りではキャラクターや時系列などに大幅な改変があるようです。アニメーションとして『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』がどんな作品になりそうか、またどんな作品になってほしいか、私の予想や思うところを述べていきます。

当然内容のネタバレを含みますので、原作を読んでいないという方はまず先にそちらを買って読むか、ネタバレ覚悟の上でお開きください。

 

“アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』に求めること” の続きを読む